トップ > 二重まぶたコラム > 二重まぶたは遺伝?

二重まぶたは遺伝?

二重まぶたは遺伝?

一重まぶたや二重まぶたは遺伝によるものなのかどうか、生まれてくる赤ちゃんがいる方は、特に気になりますよね。

まず生後間もない赤ちゃんの場合、ほとんどの子が遺伝に関係なく一重まぶただと言えるでしょう。
両親が二人ともくっきりとした二重なのに、生まれてきた赤ちゃんは一重だと気にしても、1歳の頃になると二重になってくることがほとんどです。

そもそもまぶたが一重か二重かの違いは、まぶたの裏側の脂肪やたるみで変わってくるものなので、動き回る年齢になると痩せてくるため、まぶたも変わってくるようです。

一重まぶた・二重まぶたは遺伝するものです。
一重まぶたの両親から生まれた赤ちゃんは一重まぶたが多いですし、二重まぶたの両親から生まれてくれば二重まぶたが多く、一重と二重の両親から生まれてくればどちらでもありえます。

では、一重の場合は今後二重まぶたにならないのか、と言うとそうでもありません。
確率はそう高くはないのですが、乳児は成長とともに顔もどんどん変わるので、ある時二重まぶたになった、という方もいるのです。
成人してからでも、痩せたり太ったりと体型が変わることで、一重から二重に、二重から一重に、といった変化もあるようです。

まぶたの皮膚は柔らかいので、成長時には変化がしやすいようです。
もしも大きくなっても、二重まぶたにならないと思ったら、まぶたの脂肪を落とすようなマッサージや目の運動をするようにすれば二重になることもありますから、あまり気にし過ぎなくても良いでしょう。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「二重まぶたコラム」です。
二重まぶた・一重まぶたは生まれつき?遺伝なの?それとも変えられるものなの?
そんな二重まぶたに関する豆知識をお話します。
関連ページ

二重まぶたは遺伝?

一重まぶたや二重まぶたは遺伝によるものなのかどうか、生まれてくる赤ちゃんがいる方は、特に気になります...

赤ちゃんのまぶた(一重・二重)について

赤ちゃんのまぶたが一重か二重かは、親は気にするところですよね。 やはり顔の印象というのは目元でグンと...